MENU
TOP
Research
Members
Output
Lecture
Access
English

九州大学 湯浅研究室
Yuasa Laboratory, Kyushu Univ.

九州大学 / システム情報科学研究院 / 情報エレクトロニクス部門
               九州大学 湯浅研究室へようこそ
 
 本研究室では、磁性体に特有のスピントロニクスを駆使し、新しいデバイス創出を目指した研究を行います。
 私達のライフスタイルを大きく変えたインターネットが、今度は電子空間だけでなく実空間でもモノや人を結びつけるという、モノのインターネット(IoT)が実現しようとしています。IoTで必要となる電子デバイスは質・量ともに桁違いにジャンプアップするため、これまで以上に革新的な技術が求められ、様々な分野で研究がなされています。
 磁性体に特有のスピントロニクス技術は、候補の一つ。スピントロニクスでは、エレクトロニクスで主の電子に加え、電子の持つ“ スピン”が主役となります。究極的には電子が流れない、ジュール損失ゼロのグリーンなデバイスが実現する可能性をも秘めています。
 これからの電子デバイスにまだ解は見つかっていません。大きな目標に向け、スピントロニクスデバイス創出から社会へ貢献していきます

おしらせ
○2017年6月 21日~23日 Univ. of Yorkで開催されたYork-Tohoku-Kaiserslautern Research Symposium on "New-Concept Spintronics Devices"で招待講演を行いました。
Title:Enhancement of spin mixing conductance and utilizing large spin Hall angle in spin Seebeck effect
http://www-users.york.ac.uk/~ah566/symposium/index.html
○2017年6月 14日 ホームページを少しリニューアル。
○2017年6月 9日 池谷科学技術振興財団の研究助成金贈呈式に出席しました。
採択テーマ「重金属サンドイッチ構造を利用した二重スピントルクによる磁壁移動の研究」を推進します。
○2017年6月 5日~8日 SpinTECH IX@福岡にて、M2が2名、M1が3名発表しました。
SpinTechPhoto image
http://www.spintech9.iis.u-tokyo.ac.jp/
○2017年5月22日 立石科学技術新興財団の研究助成(A)、研究助成金贈呈式に出席しました。
http://www.tateisi-f.org/
採択テーマ「ウエアラブルデバイスを駆動する体温発電素子の開発」を推進します。
○2017年4月18日 キヤノン財団「産業基盤の創生」の研究助成金贈呈式に出席しました。
http://www.canon-foundation.jp/aid_awardees/event20170418.html
採択テーマ「次世代MRAMへ向けた反平行磁化配列層のスピントルク発振実証」を推進します。
○2017年4月 1日 黒川雄一郎助教が着任しました。
○2017年3月14日~17日 応用物理学会春季学術講演会に参加します。M1が2人、4年生が3人発表しました
20170314応用物理学会発表 image
○2017年3月6日 東北大学佐橋研究室から頂く装置を移設しました。
○2017年2月17日 卒業研究試問がありました。4年生はこの1年の総括、お疲れさまでした。
○2017年2月1日 スパッタ装置の改造が終了しました。
20161201スパッタ装置改造 image
○2016年12月22日 複数研究室の合同忘年会に参加しました。
○2016年12月16日~17日 応用物理学会主催・国際スピントロニクス入門スクールが箱崎で開催されます。
http://ssp.phys.kyushu-u.ac.jp/qnsp/Workshop/2016_JSAP_Spintronics-School/index.html
○2016年12月15日~16日 大学院特別講義が開催されます。
日  程:12月15日(木) 13:00~18:00 (適宜休憩あり)
     12月16日(金) 10:00~14:00 (適宜休憩あり)
講義題目: エネルギーエレクトロニクス材料及びデバイス技術の基礎と応用
講  師:(株)日立製作所研究開発グループ基礎研究センタリーダ主任研究員
            早川 純 講師
義室 :ウエスト2号館3階302号室
○2016年12月10日 物理学会九州支部大会(福岡大学)にて、M1の平山さんが発表します。
○2016年11月2日 MMM2016@New Orleansで、本研究室から2件発表しました。
○2016年10月20日 電子情報通信学会・磁気記録・情報ストレージ研究会でM1の中村さん、平山さんが発表しました。
中村さんは磁気記録・情報ストレージ研究会専門委員長賞を受賞しました。
image
○2016年10月13日 EMN Las Vegas meeting on Spintronicsにて招待講演を行いました。
Title:Spin Seebeck power generation toward energy harvesting
http://emnmeeting.org/Vegas/spintronics/
Zion national park
○2016年9月13日 第77回応用物理学会秋季学術講演会(新潟)で発表を行いました。
○2016年7月28日 実験室にスパッタ装置を搬入しました。一週間ほどで組み立てが終了する予定です。
20160728スパッタ装置搬入
○2016年6月10日 スピントロニクス学術連携研究教育センター スピントロニクス学術研究基盤と連携ネットワーク拠点
キックオフ・シンポジウム(拠点:大阪大学)でお話します。
http://www.yoshidalab.mp.es.osaka-u.ac.jp/spintronics/hp/program.htm
○2016年5月27日 日本磁気学会第70回ナノマグネティックス専門研究会でお話しました。
http://www.magnetics.jp/special/nanomag/nanomag_070/
○2016年4月1日 新4年生・新修士1年生が配属になりました。
○2016年3月2日 2つのセミナーの講師を囲み、夕食会をしました(@ITORITO)
image
○2016年3月2日~4日 Unversity of Yorkの廣畑先生によるセミナーが行われます。
最終日のキャリアデザインでは、専門を問いません。対象者は学部1年生~職員までです。
有益かつ面白いお話をご期待ください。
Poster
○2016年3月1日 研究室配属のための研究紹介があります。
http://portal.isee.kyushu-u.ac.jp/education/event/research_activities/2015poster
○2016年2月16日 卒業研究試問を無事終了しました。ゼロからの立ち上げ、ごくろうさまでした。
卒論発表 image
○2016年1月26日 工学部電気情報工学科1年生向けに、研究室4年生から研究紹介をしました。
image 1 image 2
○2016年1月11日~15日 Joint conference of MMM/INTERMAG@San Diegoに参加しました。
image
○2015年12月22日 竪研究室の皆さんと合同で、忘年会をしました。
○2015年12月18日 東京大学平成27年度先端学際工学特別講義においてお話します。
http://www.ais.rcast.u-tokyo.ac.jp/forstudents/pdf/special_lecture.pdf
○2015年12月5-6日 平成27年度応用物理学会九州支部学術講演会が琉球大学で開催されます。
今年の特別共通セミナーは「スピントロニクスの基礎から応用・最新トピックスまで」です。
https://annex.jsap.or.jp/kyushu/conf.html
○2015年11月20日 JST戦略的創造研究推進事業さきがけの平成27年度研究提案募集(第2期)に採択されました。
http://www.jst.go.jp/kisoken/presto/
○2015年9月24-25日 若手向けスクール「スピントロニクスとスピン流」でお話します。
参加される方との議論を楽しみにしています。
http://spincurrent.jp/
○2015年8月5日 九州大学大学院システム情報科学研究院の先端サマーセミナー2015年度「暮らしに役立つシステム情報科学」で公開講演を行います。
場所は九大学研都市駅前、さいとぴあ多目的ホール、時間は13:50~18:00です。事前申し込み不要です。ぜひお越しください。
○2015年7月14日 九州大学大学院理学部物理学研究院の木村崇先生による「International Workshop ”Nano-Spin Sciences II”」に参加しました。
○2015年6月25日 慶應義塾大学「物理学科談話会」にて、スピントロニクス応用トピックスをお話しました。
ご参集ありがとうございました。
○2015年6月24日 慶應義塾大学「理工学概論」にて、1年生に向けて磁石からスピントロニクスまでお話しました。
○2015年4月1日 研究室が発足しました。